カラオケで快適に歌うためのキー調整の方法

カラオケ

カラオケでのキー調整は、歌唱の快適さに大きく影響します。原曲キーとは、曲が販売された時の音程を指します。

しかし、個々の声域により、この原曲キーで歌うことが難しい場合もあります。以下に、カラオケでのキー調整の方法を詳述します。

 

1.プロのアーティストの曲のキーと歌唱の難易度

多くのプロのアーティスト、特に男性アーティストの曲は、2オクターブに及ぶ広い音域を持っていることが一般的です。これを地声でカバーするには、相応の発声練習と声域の拡張が必要です。

さらに、アーティストごとに異なる声種によって、合う音域も異なります。したがって、初心者がプロのアーティストの曲を原曲キーで歌うことは困難です。

 

2.カラオケでのキー変更の方法

カラオケでのキー変更には一概の答えはありませんが、一般的には「サビをオクターブ下で歌う」か「2~3つキーを変更する」と歌いやすくなることが多いです。

声種にはバス、バリトン、テノール、アルト、メゾソプラノ、ソプラノなどがあり、個々の声種によって最適なキーが異なります。

 

3.音域が狭い場合の対処法

音域が狭い曲に対しては、サビをオクターブ下で歌う方法が有効です。

例えば、ある曲のサビの最高音が高すぎる場合、キーを下げることで歌いやすくなりますが、低音域が歌いにくくなることがあるため注意が必要です。この場合、サビをオクターブ下で歌うことで、原曲キーを維持しつつ歌唱が可能になります。

 

また、ミックスボイスを習得することで、音域を広げることができ、より多くの曲を快適に歌うことが可能になります。地声で2オクターブ出せるようになると、多くの曲を歌唱できるようになります。

 

女性が男性の低い曲を歌う場合や、男性が高いキーの曲を歌う場合は、オクターブ調整が効果的です。特にドレミで覚えた曲は、キーを変えるより原曲キーで歌う方が容易になることがあります。

 

 

4.地声の特徴に合わせたキー調整

地声が通常よりも顕著に低い(または高い)人の場合、歌のキーを2~3程度変更することで、歌唱が格段に楽になります。

日本人男性の多くはバリトンが多く、次いでテノールが一般的ですが、バス音域の人は稀です。女性ではメゾソプラノが主流です。日本のアーティストの楽曲もこれらの音域が中心となっています。

 

そのため、例えばバスの男性やアルトの女性は、キーを調整することで、楽に歌える選択肢が増えます。この場合、原曲キーが合わないと感じたら、キーを2~3つ変更することを試みてください。

カラオケのリモコンで簡単にキー調整が可能です。逆に、平均的な音域の人が地声が低い(または高い)曲を歌う場合も、同様に2~3つキーを変更することで快適に歌えます。

 

5.有名アーティストの声種分類

声種は明確な基準はないものの、以下のように大まかに分類できます。

 

男性:

  • バス: F2~F#3
  • バリトン: G#2~A4
  • テノール: B2~C5

 

女性:

  • アルト: D#3~A4
  • メゾソプラノ: F#3~C5
  • ソプラノ: A3~D#5

 

ただし、男性の中にアルト音域の人もいれば、女性の中にテノール音域の人も存在します。

 

有名アーティストの声種を参考にすると、男性のバスとしては福山雅治やDOESが、バリトンには米津玄師やRADWIMPSなどが、テノールにはONE OK ROCKやMr.Childrenなどが該当します。

女性ではアルトにあいみょんや松任谷由実、メゾソプラノに水樹奈々や西野カナ、ソプラノに椎名林檎が当てはまります。これらの分類を参考に、自分の声種に合ったアーティストの曲を選ぶと良いでしょう。

 

6.裏声の活用で音域を広げる

表声と裏声の両方を活用することで、音域が広がり、歌唱の幅が拡がります。特にサビで届かない高い音がある場合、裏声を使うことでカバーできます。裏声は高い音域を網羅できるため、特に有効です。理想的にはミックスボイスを習得することですが、その前段階として裏声を試してみるのも一つの方法です。

 

7.自分の音域を知る方法

自分の声域を知るためには、ピアノやキーボード(44鍵以上)があると便利です。調べるべきポイントは「地声で出せる最も低い音」と「地声で出せる最も高い音」です。裏声は非常に高い音が出るため、この測定には含めません。

 

鍵盤で音を出しながら、自分の声でそれに合わせてみて、最も低く出せる音と最も高く出せる音を確認します。

ピアノやキーボードがない場合、スマートフォン用のチューナーアプリを使用しても良いでしょう。例えば、「n-Track Tuner」などのアプリを使って、声のピッチを測定する方法があります。

 

男性の場合、最も低い音がF2であればバス、G#2であればバリトン、B2であればテノールの音域です。女性の場合、D#3が最も低い音であればアルト、G#3がメゾソプラノに相当します。

 

8.カラオケでのキー調整の具体例

カラオケでのキー調整の一般的な方法としては、以下のようなアプローチがあります。

 

同性のアーティストの曲を歌う場合、キーを3つ程度変更する(例えば、バスがバリトンの曲を歌う場合はキーを3つ下げる)。

  • オリジナルキーでAメロBメロを歌い、サビだけ1オクターブ下げる
  • 男性が女性の曲を歌う場合、3~4キー上げて、1オクターブ下げて歌う

 

9.キーを下げることの認識

キーを下げることは決して恥ずかしいことではありません。

声帯の長さや大きさは個人によって異なり、それによって自然と声の特徴が決まります。高音が苦手な人は、逆に低音域が豊かで深みのある声を持つことが多いです。声帯の特性は個々の魅力の一部であり、高音が出ないからといって歌唱力が劣っているわけではありません。

 

10.カラオケで歌う際のキーの自動調整

カラオケで曲を選ぶ際、特に地声が高いアーティストの曲は自動的にキーが下げられることがあります。

例えば、スピッツの「運命の人」はオリジナルキーが高いため、カラオケでは通常4つキーが下げられた状態で提供されます。このような自動調整があるかどうかは、カラオケ機種によって異なります。

 

11.キー調整による曲の印象の変化

キーを調整すると、曲の印象は変わることがあります。一般的にキーを下げると曲が暗い印象を受け、キーを上げると明るい印象になる傾向があります。

ただし、キー調整による印象の変化の程度は、曲やその調整の度合いによって異なります。キー調整が曲の全体的な印象に大きく影響することもあれば、それほど顕著でないこともあります。

タイトルとURLをコピーしました