エッジボイスの基本とそのトレーニング手順、ミックスボイスへの進化方法

カラオケ

エッジボイスとは具体的に何を指し、その習得にはどのような練習が必要なのでしょうか?

そして、エッジボイスからミックスボイスへの発展はどのように行うのか?

この記事では、そうしたエッジボイスに対する疑問やトレーニング方法を紹介します。

 

多くの人が憧れるミックスボイスでの美しい高音の歌唱は、地道なトレーニングを要します。その一歩として不可欠なのが、エッジボイス(またはボーカルフライとも呼ばれる)の練習になります。

エッジボイスは、声帯の適切な閉じ方を身につけるための重要なテクニックで、直感的に理解しにくいかもしれません。

 

この記事では、エッジボイスの効果的なマスター方法と、それをミックスボイスの向上に繋げる練習プロセスを解説します。ミックスボイスでの表現力を高めたい方は、ぜひエッジボイスの練習から始めてみましょう。

 

1.ガラガラ声のテクニックについて

ガラガラ声、別名エッジボイスは、特有のガラガラとした音質を持つ声のことを指します。

朝起きた時に発する「おはよう」のような声や、特定のホラー映画で聞かれる不気味な声質がこれに当たります。例えば、映画『呪怨』に登場するキャラクターの特徴的な声は、このガラガラ声の一例です。

 

この声質を使いこなすアーティストには、平井堅やONE OK ROCKのTaka、そして女性ではAimerや宇多田ヒカル、アリアナ・グランデなどがいます。

エッジボイスをマスターすることで、高音部での発声が安定し、息漏れを防ぎつつ、力強い高音を出すことが可能になります。

 

ガラガラ声を出す際は、声帯の適切な閉鎖がキーポイントとなります。この技術を身につけることで、声の安定性が増し、ピッチのブレを抑えることができるようになります。

 

2.ガラガラ声を習得する利点

ガラガラ声を習得することには、以下のような利点があります。

2-1.強く安定した声の発声が可能に

ガラガラ声では、声帯を適切に使うことが必要で、これにより強く安定した声を出すことが可能になります。また、声のブレが少なくなり、歌唱時の表現力が増します。

 

2-2.地声と裏声のスムーズな切り替え

ガラガラ声をマスターすることで、地声と裏声の間の切り替えがスムーズになります。通常、声の切り替えポイントである換声点をうまく乗り越えることができれば、歌唱表現の幅が広がります。

 

2-3.喉の状態が把握しやすい

ガラガラ声は、声帯のコントロールが必要な技術であり、喉や声帯の状態が最適でないと正しく発声できません。この声を出せない時は、喉や声帯の休息が必要なサインとして捉え、適切に対処することができます。

 

ガラガラ声が出せない場合に無理に練習を続けると、技術の向上が見込めないばかりか、喉への負担が増してしまう可能性があります。そのため、この声が上手く出せない時は、喉のケアを優先し、適切な休息を取ることが重要です。

 

3.ガラガラ声の習得法とトレーニング

ガラガラ声、またはエッジボイスは、特定の発声方法によって生まれる特徴的な声の質です。

適切な方法でこの声質を出せるようになると、歌唱において幅広い表現が可能になります。ただし、誤った方法で練習を続けると、喉に不必要な負担をかける原因となり得ます。

ここでは、リラックスした状態でエッジボイスを出すための基本的なアプローチを解説します。

 

3-1.リラックスが基本

全ての声のトレーニングと同様に、エッジボイスを習得する際も、身体のリラックスは非常に重要です。不必要な力が入ってしまうと、喉が締まり、声帯の自然な動きが妨げられます。特に、喉や声帯に過剰な力が加わると、発声時に傷害を引き起こすリスクがあります。

 

3-2.音の高さを徐々に下げる

リラックスした状態で、適当な高さの「アー」と声を出し始めます。その後、声を徐々に低くしていき、自身にとって最低限の音域まで声を下げてみてください。さらに低くしようとすると、自然とエッジボイスが現れるはずです。

 

3-3.声帯の閉鎖感を意識する

声帯が自然に閉じる感覚を掴むことが、エッジボイスを出すためには重要です。リラックスしてから、「アー」と声を出し、突然声を止めることを試みてください。この動作を繰り返すことで、声帯の動きを意識しやすくなります。

 

3-4.一音一音をはっきりと

「あ、あ、あ」と一音ずつはっきりと発声し、声帯が自然に閉じる瞬間を感じ取る練習をします。力を入れすぎずに、リラックスした状態を保ちながら、適切な力加減で声を出すことがポイントです。

 

3-5.ミックスボイスへの応用

エッジボイスの基本が掴めたら、ミックスボイスへの応用を試みましょう。地声と裏声をスムーズに切り替える練習を通じて、より豊かな歌唱表現が可能になります。

 

4.終わりに

エッジボイスの習得は、力強い高音の発声や、地声と裏声のスムーズな切り替えを可能にします。

リラックスを意識し、正しい方法で練習を積むことが、成功への鍵です。プロの歌手も利用するこの技術は、歌唱スキルを高めるために非常に有効です。日々の練習に役立ててみてください。

タイトルとURLをコピーしました